難聴 回復

Image Replacement

難聴を回復させるもうひとつの選択肢!について

難聴を回復させる方法は一般的には3つの方法があります。また近年では難聴を回復させる新しい方法がつぎつぎに考案させていて聴力の回復に役立っています。

聴力を回復させるための方法

isya100.jpg

以前、テレビ番組で耳鼻咽喉科の先生が聴力の回復方法についてのお話しをしていた内容を少しお話しします。この番組では加齢性難聴を題材にして聴力の回復について何をしたら良いかという内容で番組が進行していました。その中で加齢性難聴ではない聴力障害にも役に立つ内容のお話しがありましたので少し紹介してみようと思います。

まず聴力を回復させるための方法には「薬」「手術」そして「補聴器」があるということをこの先生は言っておられました。聴力に異常を感じたり、耳鳴りが治らない場合、最初は耳鼻科の診断を受けると思います。そこでご自分の聴力障害がどの部分が原因で異常があるのかを判断してもらうことが、聴力を回復させるために最低限必要なはじめの一歩となります。どの部分が原因で聴力に異常があるのかという診断は必ず受けてください。

そして聴力を回復させるための第2段階に入るわけですが、ここではじめて聴力回復する方法を選択することになります。番組内でも言われていた「薬」「手術」そして「補聴器」という3つの選択となります。

またこの3つの選択の中で、加齢性からやってくる難聴と、薬や手術でも回復しないとされる重い難聴の場合は補聴器を使用するのが、一番効果のある方法とされています。しかし補聴器は回復というより、回復する見込みが薄いので外部機器に頼った聴力回復装置といったほうが正しいかも知れません。失礼な言い方かも知れませんが、加齢性難聴であれば自己回復能力と回復に必要な時間から考えて補聴器に頼った方が聴力回復の近道になると思います。

ただ自力で回復できる余力があるとするならば、もしくは自力で回復させる時間がまだある場合は補聴器以外の方法から試してみた方が良いのではと考えます。それは何故かというと、人間は聴力、視力の障害の有無にかかわらず、一生コミュニケーションが必要な動物だからです。

難聴になって一番困ることはコミュニケーションだと番組内でもも言われていましたが、聴力が衰えるとまず会話が困難になる不具合が起こります。相手が何を話しているのか理解できずに会話のキャッチボールが困難になってくるのです。相手の事が理解できない、質問されても受け答えることもできない、その結末が、他人とのコミュニケーションを諦めてしまい引きこもり症になったり、うつ病になってしまう人もいるのです。聴力が弱くなりコミュニケーションができなくなったことを理由にして、聴力を回復させることそのものを諦めてしまうのです。

一度悪くなった聴力を回復させる一番の方法は、どうやったら他人とコミュニケーションがとれるようになるのか?です!「薬」「手術」そして「補聴器」どのような方法でもよいのです。どの方法を使ってコミュニケーションができる状態にしていくかが必要です。

また最近では、上記の3つの選択の他にも「ツボ」や「リンパマッサージ」などを活用した聴力回復方法へも選択肢が広がりました。自力で体自体を改善することで聴力が回復できる方法のため人気を集めている方法だそうです。